散歩記録1

最近よく散歩をするようになった

 

目的地を決めずにフラっと家を出て散歩に出かけるのだが、

4月2日(日曜日)の散歩は

山のけっこう奥の方まで入っていく事になった

 

とりあえず道が無くなるまで行ってみようという事で

どんどん山道を進んでいくと、

木の倒れたものが道を遮るように横たわっていたり、

土砂崩れで道幅が肩幅ぐらいになっていたりして、

もう手入れされていないであろう感じが奥に行くほど濃くなってゆき、

それに比例して「獣に襲われるのでは?」という恐怖心も増していった

 

f:id:no_del:20170407184654j:plain

f:id:no_del:20170407184702j:plain

f:id:no_del:20170407184710j:plain

f:id:no_del:20170407184722j:plain

f:id:no_del:20170407184732j:plain

f:id:no_del:20170407185004j:plain

f:id:no_del:20170407185154j:plain

f:id:no_del:20170407185201j:plain

f:id:no_del:20170407185210j:plain

f:id:no_del:20170407185241j:plain

f:id:no_del:20170407185304j:plain

 

やがて道は完全に無くなり、後は川を上るだけという所まで来たが、

(山道は川沿いに続いている)

 

f:id:no_del:20170407185328j:plain

 

「ここから先は絶対に何かいる・・・やばい!」と思って引き返す事にした

 

でもせっかく山道の最奥まで来たので、

帰る前に道の横の斜面を登って出来るだけ高い所をゴールとする事にした

 

急な斜面と大量の落ち葉で足が滑るが、木の幹を手で掴んで何とかよじ登った

 

f:id:no_del:20170407185440j:plain

 

上った先も道なき道が続いていたが・・・

 

f:id:no_del:20170407185624j:plain

 

怖いので素直に引き返す事にして、登った斜面をズルズルと滑り降りた

 

よし、帰ろ

 

引き返し始めて3分ほど経ち、ふと川の対岸にある斜面に目を移すと、

 

「うっ!?」

 

視界に飛び込んできたのは何と恐れていた獣の姿であった

3~4匹の獣の群れが、音も無くものすごいスピードで走っている

 

瞬時に大パニック状態になり、一目散に来た道を走り始めた

 

川幅は狭いので、獣との距離は40~70メートルぐらいだったと思う

一瞬の出来事だったし動体視力も悪いので、獣はけっこうでかいという事と

茶色の毛をしているという事ぐらいしか情報として認識できず、

目視できたのは一瞬で、すぐに生い茂った木々の奥へ姿を消したので

「写真を撮りたい!」とも思ったが、

「クマとか野犬だったらやばい!」と感じたので

内臓に限界が来るまで走り続けた

 

獣の群れも帰り道と同じ方向へ走っていったので、

「この道の先で待ち伏せされてたらどうしよう」とか思っていたが、

道幅がだんだん大きくなってゆき、

車のタイヤの跡が確認できるレベルの道まできたので

ようやく安心して、そこからは呼吸を整えながら歩いて帰った

 

山を出た後も1時間ぐらいかけて家に帰る道を歩くわけだが、

獣にビビッて山道を全速力で走り抜けたせいで

腰がめちゃくちゃ痛くなり、歩くのが辛かった

 

山、恐るべし

 

家に帰って、あの獣は何だったのかネットで調べてみる事にした

 

環境省が「日本の動物分布図集」というのを出しており、

それを確認したところ、この近辺に生息している可能性が高いクマは

ツキノワグマという黒い毛で覆われたクマだけだったので、

目視した茶色い獣はクマではなかった事が判明した

 

おそらくノイヌかイノシシだった可能性が高い

(動物分布図集の中では野犬の事をノイヌと表記していた)

茶色い毛のクマはヒグマといって、北海道にしか生息していないらしい

 

でも山の奥の方にはツキノワグマがうろついている事がわかったので、

今度からはあんまり人里を離れすぎないよう注意しようと思う

 

 

Googleマップで自分がどの変を歩いていたのか調べてみると、

今まであんまり地理的な事に興味がなかった故の意外な驚きがあった

 

f:id:no_del:20170407160814j:plain

 

人の住んでるエリアせまっ!!!山のエリアでかっ!!!

日本はほぼ人間の生活圏が支配しているものだと思っていたが、

そうではなかった・・・上の図を見て分かる通り、ほぼ山である

 

さらに、東京と大阪は土地面積が小さいので

人口が多いとは聞くけどたいしたものではないとみくびっていたが、

 

f:id:no_del:20170407174018j:plain

 

この図を見て分かる通り、人が住んでいるエリアの広さで言えば、

東京と大阪は他の県に比べて圧倒的に広いのだ・・・

名古屋もめちゃめちゃ広い

 

あと、日本って地球上でめちゃくちゃ小さいイメージだったけど、

 

f:id:no_del:20170407174702j:plain

 

案外大きいなと思った

 

地球全体が見えるまで視点を引いてみると・・・

 

f:id:no_del:20170407174824j:plain

 

宇宙の圧倒的デカさが怖くなった

宇宙やばい

 

そしてGoogleマップ面白い